赤ちゃんと外出するなら|新生児の肌は弱いから乳児湿疹が起こりやすい|対策しておくのが大事

新生児の肌は弱いから乳児湿疹が起こりやすい|対策しておくのが大事

赤ちゃんと外出するなら

赤ちゃん

成長によってタイプが違う

ベビーカーと言えば赤ちゃんを乗せることで楽に外を歩くことができるものですが、大きく分けて2つの種類があります。赤ちゃんの成長によって大きく2つに分けられます。生後1か月ほどの赤ちゃんから使用できるA型ベビーカーと、お座りができるようになった赤ちゃんから使用できるB型ベビーカーです。B型は赤ちゃんが自分で歩くようになり、ベビーカーが不要になるまでの長い間使うことになりますので、ほとんどの人が購入することになります。A型ベビーカーは使える期間が短期間になってしまいますのでA型B型兼用のものも販売されています。しかし兼用のものはサイズが大きくて保管場所に困りますので、多くの人は兼用のものを購入してもコンパクトなB型を新たに購入しなおすとも言われています。

生活スタイルに合わせる

A型ベビーカーは本当に不要なのかと考えてしまうかもしれませんが、赤ちゃんが自分でお座りができる平均的な生後7〜8か月まではパパやママのだっこだけで済ませることができるという場合には、不要になると考えても良いでしょう。外出時の移動手段が車だという人の場合には買い物の間などの短時間だけだっこをしてしのぐことができるかもしれませんが、電車を使う機会が圧倒的だという場合にはA型ベビーカーを利用した方が良いでしょう。抱いた時には軽くても、何時間もそして何カ月も抱き続けるのはパパやママにとって大きな負担になってしまいます。どのような生活スタイルを送っているのかによって大きく変わってきますので、出産前に検討を行っておきましょう。